ばれいしょの栽培日記その1
一昨年はタマネギの観察日記を作成しました。今年はばれいしょの観察日記を作りたいと思います。

じゃがいものことを、「ばれいしょ」といいます。漢字で書くと「馬鈴薯」です。この呼び方は生産者の方がよく使います。このように一般に言われている名称と生産者側が呼んでいる呼称がちがっている野菜はいくつかあります。たとえば、「さつまいも」は「甘藷」(かんしょ)キャベツは「甘藍」(かんらん)など・・・。「じゃがいも」でも良いのですが今回は玄人っぽく「ばれいしょ」と呼んでいきたいと思います。





たねいも30kg
いろいろな品種のたねいもが近くのホームセンターに売っていたのでいろいろ買ってみました。
品種名コメント
メークインよく使われる品種です。煮崩れしにくくカレーライスや肉じゃがなどに使われます。
トヨシロ初めて作ります。イモがとても大きくなるそうです
ホッカイコガネ 昨年初めて作りました、小判形のイモがザクザク掘れました。
キタアカリ最近、良く目にする品種です。私個人的には大好きです。粉ふきいもにするとほくほくしてとてもおいしいです。煮崩れしやすいのが難点。


日光浴
買ってきたたねいもたちをカゴに並べて日光浴をさせました。「浴光促芽」というそうです。これをすると強い良い芽が出るそうです。



植え付け
3月20日、年中児のみなさんが幼稚園のとなりにある畑に植え付けしました。切り口が下になるように植え付けます。




土をかぶせて上から軽く押さえて「良いイモがたくさん取れますように」







戻る